フォトグラファーMAKO プロフィール/フォトグラファー・MAKO

日本国内の受付電話番号(受付時間 11:00~17:30) Tel:050-5 807-3641

フォトグラファー。「ジャパンウエディングフォト・
グランプリ2012」ドキュメンタリー部門入賞。
山田優・小栗旬夫妻のハワイ挙式写真を担当するなど、
ウエディングフォトの第一線で活躍中。

Photographer. *Japan Wedding Photo Grand Prix 2012*
documentary category prize.And be responsible for the
Hawaii wedding photo of Yamada Yu Shun Oguri and his
wife,active in the front line of wedding photo.

Capture the moment

幸せに輝く表情を残す。それが僕の使命です。

出身地のハワイを拠点に活躍しているフォトグラファーのMAKOさん。
幼い頃からアートに興味があり、カメラを手にしたのは14歳のとき。
それ以来カメラの面白さに魅了され、毎日カメラを持ち歩く少年時代を過ごしたそうです。
ブライダル写真の世界へ踏み出すきっかけは、
MAKOさんの写真のセンスを認めた知人の方からブライダルの仕事を一緒にしないかとオファーがあったのが始まりとのこと。
それ以来、ブライダルフォトの経験を積んだ後にフリーとなった彼は、
2012年にはブライダルフォトのグランプリに入賞する実績を残すまでになりました。

MAKOさんにとって、写真とは“その瞬間をとらえること”。だから彼が撮る写真はどれも生き生きと輝きに満ちた表情ばかり。
そんな素敵な写真は口コミで評判になり、いまではハワイで挙式をする日本の芸能人やモデルからも指名される程です。


ビーチフォトはふたりの幸せな瞬間を感情と共に切り取る世界

──MAKOさんにとって、ブライダル写真の魅力とは?

普通の人なら見られないシーンを見せてもらえる、ってことですね。
新婦がメークルームで緊張している姿や、初めてドレスを見て「わぁ」と感激する瞬間に立ち会えます。
父親が娘の晴れ姿を見て喜ぶ様子や、新婦が親への感謝の手紙を読んで、その父親が涙する姿、
ビーチフォトで海がキレイと表情を輝かせる新婦の姿など、挙げればきりがないシーンばかり。
そんな感動的な様子を撮りながら、時に僕まで涙してしまい、ファインダーがにじむこともあります。
こういう素敵な瞬間が沢山あるのがビーチフォトやブライダルの世界。
よく撮影後に「楽しかった、感謝しています」とお礼を言われるのですが、
こちらこそ、素敵な時間をありがとう、といつも思っています。

ウェディングの仕事は、他人の思い出を作ることです。一生忘れられない、お金に変えられないものなのです。
その人達のために、常に良いものを、もっと何か出来ないかという意思の高さや努力、挑戦を僕はし続けて行きたいと考えています。

Photographer MAKO Photo Gallery